FC2ブログ

毛髪診断士を取得します!

髪の毛でみなさんの悩みに応えたい!
毛根のコンサルとうことで”モウコンサル”になりたいという思いから
ネットで色々調べていましたら髪の毛に関わる資格として毛髪診断士がありました。

毛髪診断士とは毛髪や薄毛に詳しく毛髪を観察する技術を習得し、
アドバイスができる人に認定の資格をお渡しするというものです。

公式サイトには下記のように説明がなされています。

”毛髪診断士(Hair Adviser、JHSA)は毛髪に関する知識と、顕微鏡などを使って毛髪の状態を
的確に観察する技術を習得したものです。
毛髪についての悩みを持つ人の相談を受けて適切な髪の手入れ方法などをアドバイスします。”

参照元:公益社団法人日本毛髪科学協会
https://www.jhsa.jp/sikaku/mouhatu/

資格を取得するには下記が必要になります。
1、毛髪診断士講習会の受講
2、認定試験の合格

講習会の受講については上記の協会の会員になれば少し安くなるということです。
どちらにしても自身にとって有益な情報を得れると思いますしとりあえず入会してみようということで
入会の依頼をしました。

正会員の入会資格は、原則として理容師、美容師または薬剤師ですが、
関連業務に携わっておられるこれらの資格をもたない方も歓迎します。
と書いてありますので私でも入会できます。

ちなみに講習会の内容は下記です。
===================
講習内容

1.毛総論
1)皮膚のしくみ
2)ヒトの毛の数、種類、分布と年齢変化
3)毛器官の構造
4)毛の色
5)毛の発生  毛の役割
6)毛周期
7)男性ホルモン
8)遺伝子異常による毛の異常
9)毛の役割

2.毛の損傷とヘア・ケア
1)物理的原因による毛の損傷
2)化学的原因による毛の損傷と皮膚の障害
3)ヘア・ケア
4)毛幹の性質

3.毛髪の疾患
1)異常毛 -毛幹の異常-
①毛幹の形態:直毛、くせ毛-波状毛、縮毛
②形状の異常
③白点として見える付着物
④白髪

2)脱毛症 -脱毛ならびに頭皮の疾患-
①よりよい理解のための基礎知識
②脱毛症の分類
③脱毛症各論

4.毛髪診断
1)抜け毛の相談と観察
2)損傷毛の診断
3)毛髪診断の実際
4)頭皮の観察

5.香粧品
1)化粧品と医薬部外品
2)香粧品の配合成分
3)皮膚の洗浄剤
4)頭髪用化粧品
5)頭髪用医薬部外品
===================

東京、大阪で講習会があり大阪は5月ですがそちらに申し込むことにしました。
どんどん知識を吸収してアドバイスができる様に精進していきたいと思います。
また色々情報発信していきます^^

===================

いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

===================

0 Comments

Post a comment